MISATO SENOO // SOFIA

2007年5月4日金曜日

Keith Jarrett TrioLive




Keith Jarrette (piano)


Gary Peacock (bass)


Jack Dejohnette (drums)




at 大阪フェスティバルホール  2007.5.3








3人が絡み合い、溶け合い、一体となり、1つの作品を作り上げていく・・・


音で描かれていく、とてもとても美しい芸術作品でした。





Keithの音色、ハーモニー、唄・・・


Keithの中から生まれるピアノを通して表現されるその唄は、美しく、視界からも伝わる魂のこもったその音に、引き込まれ・・・とても心に響いてきました。








音を通じて「自分を表現する」


信頼するメンバーとの「個々の融合」


そして一体となり1つの作品を描き出す・・・








創造的で、それは奥深く、とても芸術的で・・・




Jazzの奥深い素晴らしさを体感できた、心に残る貴重な時間となりました。





















1つの作品を創り上げるということ:キュノポリス

「白猫亭」の絵本をきっかけにファンになった 宇野亞喜良さん の舞台美術に興味を持ち、初めて アングラ演劇 を観劇したのが2012年、満天星で行われた プロジェクトニクス の舞台「寺山修司:かもめ」でした。 その時の感動と興奮は今でもよく憶えています。 ...