2007年7月2日月曜日

偉大な恩師

武蔵野音楽大学ピアノ科を受験前からとその大学4年間、本当にお世話になった、私の偉大な恩師である、伊東京子教授。




この度、退官されることになり、同じ門下の大親友と、お祝いの会へ出席させて頂きました。




先生のお顔を見ると、大学時代の記憶が昨日のように思い出されます。


私にとって、かけがえのない恩師です。


同じように先生をお慕いしていた方々がたくさん各地からいらっしゃっており、とても温かい素敵なひとときでした。




数年振りにお会いした先生は本当にお変わりが無く、生き生きとお若くいらっしゃり、きっと素敵な生き方をされていらっしゃるからだなぁと感激しました。




先生が「白」とおっしゃれば例え黒いものでも白、、、?となってしまうような、絶対的な存在感をお持ちの偉大な先生。


心無い演奏にはとても厳しく、練習不足のレッスンでは、深いため息や沈黙・・・、最初の1小節から進ませてもらえないこともありました。




校舎でふと先生をお見かけした時。


行き交う人々の中・・・じーっと長い間立ち止まり、木々の美しい緑に見入っていらっしゃったお姿。


心を奪われて、周りは目に入っていらっしゃらなかったようなご様子・・・その姿が今も記憶に残っています。




先生は、どこか別次元にもいるかのような・・・目に見えるものからだけでなく、感じるものを大切にされる、感性の鋭い、素晴らしい方でした。


 


地元、神戸を離れての初めての1人暮らしの私には、本当に温かく、色々な気遣いをしてくださったことも忘れられません。


多くの方からも同じような気持ちをお聞きし、みんなの心の支えになっていたことを知りました。


そうやって地方から1人で勉強しに出てきた弟子たちを、レッスンでの厳しさとは別に、本当に温かく支えてくれた、心優しい先生。。。




東京芸大出身の実力に奢ることなく、常に勉強され続け、ご自分の意見、道、を貫かれている、凛とした先生のお姿に、美しい生き方、歳の重ね方を教えていただいている気がします。






今思えば、学生時代もっとこうしていれば・・・と思うことは本当に数多くあります。


でも、そうやって自分が歩んできたその先に、今の自分がいるということ。。。


きっとどんなまわり道に思える道にも無駄はなく、意味のあるものなのかなと思います。


気付いたときがその時。思ったときがその時。


いつからでも、そしていつまでも、自分を信じて前へ歩んで行ければいいなぁと感じます。




大学時代、色々な経験が出来、多くの大切な出会いを持てたことを、とても幸せに思います。


本当に、思い出深い、大切な思い出ですラブラブ




音楽を要とし、素晴らしい先生との出会い、今でも、離れていても通じ合うことの出来る、大切な親友たちとの出会い・・・


ずっとずっと、大切にしていきたいなぁと改めて感じています。





















ライブのご案内 ◆ 9月24日 (日) 15:00〜 @渋谷 JZ Brat ◆

◆ 9 月 24 日 ( 日曜日 )   妹尾美里トリオ  ティータイムコンサート◆ PLACE: JZ Brat SOUND OF TOKYO TIME: 1st 15:00 ~ / 2nd 16:10 ~ ope14:00 入替無し MEMB...