MISATO SENOO // SOFIA

2012年12月13日木曜日

ジャケット撮影のお話から〜フォトグラファーHitomiさん、そして・・・


今回のアルバム、「HANA〜chatte tricolore〜」の撮影でお世話になったとってもチャーミングなカメラマン、国広眸さんのブログです。
撮影時を振り返って記事にして下さっていました♪
いくつかのイメージをテーマにみんなでそこへ向かって一緒に造り上げていった撮影で、とても楽しい一時でした。

アルバムを手にしてくださった方には中面でお分かりになった方もいらっしゃるかと思いますが、今回の表ジャケットの裏話もちょっと書いて下さっていたり。
今回は、”三毛猫”・・・を表現したくって色々考えました。

ちょっと大きなその素材を私がスタジオに持ち込んだ時の皆さんの驚いた、「え・・・?それをどうするの?!笑」といった表情を思い出します。


レコーディングをしたのは8月なので随分前の事になりますが、無事にリリース出来たのは本当にたくさんの皆さんのお陰、こうして1つの作品を残せたことに感謝しています!

クリエイティブなジャケット作成をして下さったフォトグラファーHitomiさんとデザイナーの高橋さんに。
素晴らしいレコーディングをして下さったエンジニアの赤川さんに。
私のイメージするもの、それ以上を表現して下さったレコーディングメンバーの西嶋徹さん、石川智さん、柏木広樹さん、馬場孝喜さんに。
そして、ラヴィの時から本当に私の活動をサポート、応援して下さり、今回も私のイメージするものを自由に制作させて下さったレーベルの真鍋さん。
何度もライブに足を運んで下さり私の音楽に耳を傾けてくれてきた皆さん。
他にもたくさん、お世話になった方々がいらっしゃいます。

皆様本当にありがとうございました!

そして、このアルバムを聴いてくださった皆様、ありがとうございます!

無からイメージを形にしていく事って楽しいなぁと改めて思います。
また、新たな作品作りが出来るよう活動していきたいと思いますので、これからも宜しくお願い致します。





1つの作品を創り上げるということ:キュノポリス

「白猫亭」の絵本をきっかけにファンになった 宇野亞喜良さん の舞台美術に興味を持ち、初めて アングラ演劇 を観劇したのが2012年、満天星で行われた プロジェクトニクス の舞台「寺山修司:かもめ」でした。 その時の感動と興奮は今でもよく憶えています。 ...