スキップしてメイン コンテンツに移動

もしもし下北沢

お天気にも恵まれた気持ちの良い週末、
神戸へライブに行って来ました。

車でほんの少し走れば緑の深い山に綺麗な海。

少し久しぶりのこの街は
自然と生活がとても心地の良いバランスで、
時は確実に流れているのに何も変わらないかのような景色。

嬉しさと、懐かしさに併せた少しの哀しさがあって
随分長く住んだ場所だから、
私にとってはやはり特別な場所。

大好きな神戸の阪神間を、色々回って帰りました。

この景色までがご馳走!芦屋のおそばやさんでの眺め。

この六甲山には一体何回行っただろう?

元気な時にはより楽しく、
行き詰まっている時には悩み事が小さく感じられて
勇気づけられる。
大きな自然の力を身近に感じられる場所。

「何か新しいことを始めると、最初は濁っている。
だがやがてそれは清流になり、自然な運動の中で静かに営まれていく。」


帰りの空港の本屋さんで手にしたのは
よしもとばななさんの「もしもし下北沢」。
その中でフジ子・ヘミングさんのこの素敵な言葉に出会いました。


・・・下北沢へ出かけてこよう!