MISATO SENOO // SOFIA

2013年8月28日水曜日

2013夏

もうすぐ8月も終わり。
随分と涼しくなって、秋の気配を感じるようになりましたね。
夜は肌寒いくらいです。

7月は、初・岡山でのライブに行ってきました。
温かいお店の方々とお客様と触れ合えて、初めてなのにほっとする、嬉しいひとときでした。
ライブの前には美観地区を散策、とっても久しぶりでしたが、変わらない、綺麗な街並みがありました。


楽しみにしていたチェンバロの講習にも行ってきました。
音楽性だけでなく生きる姿勢までもが魅力的な先生方にとても刺激を受け・・・
音楽を体感することの奥深さ、チェンバロの楽器やバッハの音楽の美しさ難しさも改めて感じられ、とても良い勉強になりました。

8月には石川智さんにご紹介いただいた、ベーシスト杉本智和さんとの初共演で、音楽を大切に大切に感じて演奏する素晴らしさに魅せられました。。

ピアニスト兵頭佐和子さんがライブを聴きに来てくださって交流を持てたのも、嬉しい出来事。

お盆には関西に帰り、お墓参りに行けました。

そして先日はベーゼンドルファーを置いている、初出演の白龍館で。
久しぶりのソロピアノ、ピアノに合わせて自由になれ、とても有意義でした。


久しぶりのblue noteへは、Terence Blanchardのライブを聴きに。
映画を観たり、料理をしたり、色んなことを学び、吸収する時間を過ごしています。




1つの作品を創り上げるということ:キュノポリス

「白猫亭」の絵本をきっかけにファンになった 宇野亞喜良さん の舞台美術に興味を持ち、初めて アングラ演劇 を観劇したのが2012年、満天星で行われた プロジェクトニクス の舞台「寺山修司:かもめ」でした。 その時の感動と興奮は今でもよく憶えています。 ...