MISATO SENOO // SOFIA

2014年10月5日日曜日

Jazz Japan vol.50 インタビュー掲載

9月22日発売の、”Jazz Japan vol.50号”にて、インタビューを掲載して頂いています。


お話させて頂いた事が凄くストレートに書かれていて、今回のアルバムのコンセプトや私の音楽活動に対する想いが伝わる記事だと思いますので、是非ご覧頂けると嬉しいです。

今回インタビューして下さった藤本さんから、
「綺麗なメロディだけではなく、誤解を恐れずに言えばある種の毒をも秘やかに孕んでいる。」
そんな感想をいただいたのがとても印象に残っています。

私にとってはある意味とても嬉しいものであり、それは私の中のどこかにある強い部分だと思うのですが、音から確かに内面が伝わっていることがとても嬉しかったのです。
私自身がジャズという音楽に興味を持ったきっかけがそういったとても人間的な部分でした。
自分の想いと結びついた音色を紡ぐこと。
それはこれからもずっと大切にしたい部分です。

杉田さんによるレビューも掲載されています。





1つの作品を創り上げるということ:キュノポリス

「白猫亭」の絵本をきっかけにファンになった 宇野亞喜良さん の舞台美術に興味を持ち、初めて アングラ演劇 を観劇したのが2012年、満天星で行われた プロジェクトニクス の舞台「寺山修司:かもめ」でした。 その時の感動と興奮は今でもよく憶えています。 ...